サイト改善にお悩みの人必見!制作会社やエンジニアに頼らず賢く改善する方法

Webサイト改善
2022.6.20

1.Webサイトを改善してコンバージョン(CV)数や率(CVR)を改善したい
2.SEOや広告で集客するも、離脱や直帰率が下がらない
3.動画や資料、コンテンツを作ったけど見てもらえない、CVにつながらない
4.デザイン制作を都度依頼するのが手間で新たな施策に取り組めない
5.本当は改善したい場所があるのに部署横断する必要があり手がつけられない

上記のようなお悩みはございませんでしょうか。

会社や商品、サービスの顔となる大事なWebサイト。
あなたは現在のサイトにご満足していますか?

自社のWebサイトの導線やコンテンツ内容などに何かしらの課題や改善が思い通りできずモヤモヤした気持ちがあるからこそ、こちらの記事にたどり着いたはずです。


この記事を読んでいただければ、きっと、あなたの悩みやモヤモヤを減らせる一つの術を発見できるでしょう。

なぜなら、この記事では、あなたと同じように「サイトを改善したい」けれども、Web制作会社やエンジニアに都度依頼が必要で、効率よく改善できないかと悩んでいた人に向けて、「改善に必要な考え方やポイント」「活用できるツールを紹介」しているからです。

この記事で言う「Webサイト改善」はサイト流入数を増やすための集客施策ではなく、集客後、Webサイトの導線を改善し、来訪者をコンバージョンポイントに導く仕掛けを作る方法を紹介しています。

この記事を読む進めていただくにあたって一つお伝えしたいことがございます。

この記事を読んでいる今も、
様々な人が自社サイトに流入している
早急にサイト内の改善が必要なのに、
悩んで手を止めている時間がもったいない!

上記認識を頭に入れ、危機意識を感じて読み進めてください。

少し前段が長くなりましたが、、はじめまして。
OPTIO(オプティオ)というWebサイト改善マーケティングツールのプロダクトマネージャーを務めております井上と申します。

ログリー100%子会社、株式会社ウムでOPTIO(オプティオ)のプロダクトマネージャーを務めております井上です。OPTIOの開発企画、マーケ、営業、CSをすべて担当し、お客様を成功に導くために日々奮闘中!

こちらの記事では以下についてお話をします。

Webサイト改善ポイント

来訪ユーザーの離脱率防止やコンバージョン(CV)数・率を改善する2つのポイントがございます。

ポイント①:ユーザーを引き付けるコンテンツ(流入目的にあった内容)
ポイント②:意思決定の後押しとなるコンテンツ(安心感、お得感、トレンド感など)

サイト内のコンテンツや導線を改善することで
コンバージョンに導きやすくなります。

ではこの2つのポイントを改善すると、どんなメリットがあるのでしょうか。

Webサイトの導線やコンテンツを改善する3つのメリット

商品・サービスの特長をきちんと伝え認知獲得、理解促進を実現する
②サイト内の様々なコンテンツ閲覧してもらいを回遊することで信頼性が増す
③迷わずゴール(購入、問合せ、資料請求、メルマガ登録など)に導き離脱防止、CV獲得期待が高まる

導線やコンテンツ内容を改善するだけで、これだけのメリットがあります。
これらのメリットを簡単に解決できるツールを紹介します。

誰でも簡単にWebサイト改善ができるOPTIO

OPTIO(オプティオ)とは

Webサイト改修にかかる時間、コスト、労力をウィジェット1つで大幅削減!
Webサイト来訪者をコンバージョンへと導くノーコードマーケティングツールです。

OPTIO(オプティオ)サービスサイトTOP、ウィジェットイメージ動画

タグを自社サイトに設置する(Googleタグマネージャー経由でも可能)だけで、
Webサイト内にポップアップやコンテンツ埋め込みができるようになります。

OPTIO(オプティオ)でできること

(1)スライドや動画をポップアップさせ商品・サービスの特長を訴求し認知獲得、理解促進を実現する
(2)選択肢付きコンテンツでサイト内の様々なコンテンツ閲覧してもらいを回遊することで信頼性が増す
(3)問合せフォーム付きウィジェットで迷うことなくゴール(購入、問合せ、資料請求、メルマガ登録など)に導き離脱防止、CV獲得期待が高まる

一般的なWeb接客や離脱防止ツールとの違いは?

通常ポップアップは画像やボタンを活用して他のページへ誘導しますが、
OPTIOは動画やスライド(パワポをPDF化)や、iframe化された問合せフォーム、
クイズ、アンケート、カレンダーなど様々な素材をポップアップさせることができます。

OPTIO(オプティオ)で動画とスケジュール調整ツールと連携したイメージ動画

既存コンテンツ活用3つのメリット

1.既存の動画やスライドを活用することでデザイン制作なしでポップアップ可能
2.サイトに埋め込めないけれど、動画素材を活用したい時にポップアップが有効
3.ポップアップ内にカレンダーやフォームを埋め込むことでシームレスにCVへと導ける

ポップアップやチャット機能は一般的に明確層や顕在層へのアプローチに強いと言われていますが
OPTIOは動画やスライドを活用することで認知や理解促進の役割も担えるため、より幅広い層へのアプローチが可能です。

スライドや動画でサービス情報を保管する役割があるため、
バナーポップアップでのリンク先コンテンツを作る必要がないこともメリットの1つです。

その他オプティオのオリジナル機能紹介

埋め込み機能活用のメリットとは?

スライドをWebページ内にタグ一つで簡単に埋め込むことができます。

フォームにダウンロードできる素材の一部を見せることで、ダウンロード期待値を底上げしフォーム離脱を防ぎます。

その他、GoogleAnalyticsのイベント設定による細かな分析やコンテンツごとに配信タイミングの調整など、こちらの記事では説明できないほどの機能や事例がございます。

ぜひ以下よりサービス資料ダウンロードをいただき、貴社のWebサイト改善に関する選択肢の一つとして認知いただけましたら幸いです。

※以下がOPTIOの埋め込み機能です

この記事を書いた人
OPTIOマーケティングチーム

OPTIOの活用事例やBtoBマーケティング、インタラクティブコンテンツに関連する記事をまとめています。

新着記事
インタラクティブコンテンツ ウィジェットデザイン紹介 vol.6 〜アンケート〜 インタラクティブコンテンツ ウィジェットデザイン紹介 vol.5 〜NPS〜 インタラクティブコンテンツ ウィジェットデザイン紹介 vol.4 〜コンバージョン獲得(ポップアップ)〜 インタラクティブコンテンツ ウィジェットデザイン紹介 vol.3 〜クイズ・診断〜 インタラクティブコンテンツ ウィジェットデザイン紹介 vol.2 〜ナビゲーション(埋め込みタイプ)〜

カテゴリ