ブログからお役立ち資料の「CVR約1%」を実現するpottos様から紐解くオプティオ活用法とは?

2021.12.6
株式会社ODKソリューションズ 業種:情報通信業 事業規模:非公開 課題:リード獲得

顧客の成功を支援して、解約を予防するカスタマーサクセスオートメーションツール「pottos(ポトス)」を提供する株式会社ODKソリューションズの大谷様にオプティオの活用事例に関して話を伺いました。

左:株式会社ODKソリューションズ pottos事業推進室 マーケティングチーフ 大谷 紗絵
右:クロストレックス株式会社 取締役 OPTIOプロダクトマネージャー 井上 翔太

本日はよろしくお願いいたします!まずは自己紹介からお願いできますでしょうか。

私は、カスタマーサクセスオートメーションツール「pottos」というサービスのマーケティングを担当しています。主に、Webサイトの改善・最適化や広告運用、セミナー運営などpottos全般のマーケティング施策を担当しています。

ありがとうございます!
では「OPTIO(オプティオ)_以下オプティオ」のご導入に関して伺えればと思います。

サービスサイトに関する問題点とオプティオの導入背景

<要約>

問題点①:来訪ユーザーに攻めのアプローチする手段がない
導入背景:ポップアップを活用しCVまでの導線やCVR改善が期待できるため導入

問題点②:回遊性が低くサービス認知に繋がらない
導入背景:サイト改修しなくても簡単に導線改善ができるため導入


さっそくですが、オプティオ導入前に抱えていた課題を教えて下さい。

大きく2点ありました。
1点目は「攻めのアプローチ」ができていなかったことです。
機能一覧や料金体系ページをみているユーザーは一定数いましたが、資料ダウンロードや問い合わせになかなか繋がらない状況でした。そういったユーザーに対して、ポップアップで資料を見せるアプローチを行ってリードを増やしたいと考えていました。

2点目は、回遊率が低くサービス認知をされないまま離脱されてしまうことです。
弊社はサービスサイトにてお役立ちブログを運営しているのですが、「ブログ記事は見てくれてるけれども、pottosというサービスを知る前に離脱されている」という状況がありました。そういったユーザーに対して「こういうお役立ち資料あります!」と見せることで、回遊率を上げたり、たとえ回遊率が低いままでもサービスを認知してもらえるようになるのでは?と考えていました。

上記の悩みをいっぺんに解決できるツールだと思ったので導入しました。

ありがとうございます!

オプティオの活用_2つの事例

活用事例①:ブログページにお役立ち資料をポップアップさせCVR1%を実現

活用事例②:Canvaを活用したポップアップでセミナー集客


活用事例①:ブログページからお役立ち資料のCV獲得

先程の問題点の話でもしましたが、ブログからの流入数が増える一方で、離脱が多くCTAとしてお役立ち資料ダウンロードを用意していたものの、コンバージョンが思うように獲得できませんでした。

そこでオプティオのスライド式のポップアップを活用したところ、ポップアップが表示されたユーザーのCVRが約1%となりました。
これは短期的な成果ではなく2021年1月1日〜2021年11月15日までの約1年の成果なので定期的にお役立ち資料のコンバージョンが獲得できている証拠かと思います。
※フォーム入力完了UU数/ポップアップ表示UU数=CVR

ブログからコンバージョンを獲得できた要因はなんだと思いますか?

主に以下2点だと思います。
1.お役立ち資料の内容にあわせたブログページでポップアップさせる
2.ブログページ中段で最もインパクトのある全画面のポップアップを表示させる

ポップアップに活用したオンボーディングのお役立ち資料をオンボーディングやカスタマーサクセス関連のページにポップアップ設定したところ定常的にリード獲得ができるようになりました。

ポップアップを配信していたページ(複数ある中の一部ページのタイトル)



▼以下が実際に配信しているポップアップさせているスライドです。

ちなみに、短期間でも大きく成果が出た事例もありました。
ウェビナー開催中の期間だけお役立ち資料ではなくウェビナーコンテンツを表示していたのですが、その時期のコンバージョン獲得数は半減していたんです。つまり、オプティオの表示によってコンバージョン獲得結果が大きく変動することがわかりました。

ブログからのリード獲得に課題を感じられている中、オプティオを通じて成果貢献できて良かったです!
続きまして、次の活用事例について教えてください。

活用事例②:Canvaを活用したポップアップでセミナー集客

canvaで作成したバナーをサイトの右下から大きく出てくるように表示しています。井上さんに教えていただいたのですが、canvaは簡単に動きのついたクリエイティブを作成できるのでよく活用しています。
一点、canvaではクリック率が測れないことが課題としてありますが、リンクにパラメーターを付与して今後は効果検証していきたいと思っています。

ありがとうございます!今後その効果検証についても一緒に追っていければと思っています!

サポート満足度やクリエイティブの改修頻度はどれくらいか

サポート満足度に関しては、それこそ井上さんに教えていただいた通りに作成して公開したら上記の通りコンバージョンを多く獲得できるようになったので、大満足です。

ありがとうございます!!ご満足いただけて嬉しいです!

改修頻度は2~4週間に1回なのであまり多くはないかもしれません。お役立ち資料を新しく公開したときやウェビナーを開催する際に実施するイメージです。それ以外のコンテンツ配信については、1ヶ月間隔で効果検証と修正を繰り返すような感じで利用しています。といいつつ最近あまり更新していないかも…

そこは私がプッシュするのでお任せ下さい!
広告ではないので頻繁にコンテンツを差し替えるというよりも、15~30日程度のスパンで効果検証のタイミングをとりつつ、見せ方やデザイン変更などで少しずつ改善していけるようサポートしていきます!

オプティオの使ってみたい機能

新しい表示タイプの「カスタマイズウィジェット」を早く使ってみたいです!
複数のお役立ち資料を公開しているのですが、どのお役立ち資料がユーザーに求められているのかを見極めるために、お役立ち資料リストのようなカスタマイズウィジェットを作成したいと考えています。
現在それらを実現するために、お役立ち資料ごとの詳細ページを用意するようサイト側を改修しています。

カスタマイズウィジェットに関してはオプティオ側でもさらに開発を予定していて、今後テンプレートから簡単にレイアウトを選択できるようにしたり、ボタンを横一列にならべられるようにするなど、よりカスタマイズ性を高めていきたいと思っていきますので、ぜひ期待していてください!

オプティオの改善点

要望も含め、以下の3点ですね。
・ABテスト機能の開発
・レポート機能の拡充
・編集機能の改善

特に、ABテストは今すごくほしい機能です。
上記でお話しした、ウェビナー開催中だけお役立ち資料を非表示にした理由も、見せたいコンテンツと表示するページがかぶってしまったことによるものなんです。
ABテストができると、同じページでコンテンツの効果検証ができるので実装を期待しています。

あとは、レポート機能でコンテンツの推移を比較したいですね。
新規追加したコンテンツを配信したことによって既に配信しているコンテンツのパフォーマンスに影響が出ている、というのが可視化されるとコンテンツの改善に役立てるかと思っています。

編集を気軽に行うためにcanvaを使っている状況なので、それがオプティオで完結するとスピーディーに施策が打てるようになります。

ご意見ありがとうございます!オプティオではGoogleオプティマイズを活用してABテストを行うことができるようになりましたので、定例会で設定方法などお伝えさせていただきます!

レポートや編集機能に関しては現在開発中なので、開発の目処が立ち次第連絡させていただきます。
この度はオプティオ事例インタビューにご協力いただきまして誠にありがとうございました。

導入事例一覧
導入事例一覧へ